Blockbuster TOKYO

東京都が支援する
創薬系ベンチャー育成プログラム


NEWS

2018/6/22
【講師の決定】2019年2月20日開催予定の研修プログラム第7回セミナー
「創薬系ベンチャーの研究開発②(臨床試験を中心に)」では、玄番 岳践 様(コーヴァンス・ジャパン株式会社、エグゼクティブディレクター、クリニカル&レギュラトリーストラテジー)がご登壇されることが決定しました!
2018/6/22
【講師の決定】12月12日開催予定の研修プログラム第5回セミナー「創薬系ベンチャーにとってのピッチ資料とは(案)」では、能見 貴人 様(FORESIGHT&LINX株式会社、代表取締役社長)がご登壇されることが決定しました!
2018/6/13
【説明会】"Blockbuster TOKYO" の説明会 兼 特別講演「ベンチャー企業向け戦略構築のいろは」 を2018年7月13日(金)に実施します。お申込みはこちら。その他に予定している説明会については順次掲載いたします。
2018/6/13
【説明会】"Blockbuster TOKYO" の説明会を2018年7月2日(月)に実施します。お申込みはこちら
2018/6/13
【ニュース】Beyond Next Ventures株式会社は、東京都からの委託を受け、創薬系ベンチャー育成支援プログラム”Blockbuster TOKYO”を実施します。
2018/6/13
【説明会】"Blockbuster TOKYO" の説明会を2018年7月2日(月)に実施します。お申込みはこちら

ABOUT

東京における経済の活性化や、都民・国民の健康長寿に寄与するために
創薬系ベンチャーの起業や創薬系ベンチャー企業の成長を支援する
東京都創薬系ベンチャーアクセラレーションプログラム
「Blockbuster TOKYO(ブロックバスタートーキョー)*」を開始します。

*ブロックバスターとは、画期的な薬効を持ち、人類の健康に大きく貢献する医薬品を指します。東京からそのような医薬品を生み出せる創薬系ベンチャーの育成支援を行うとの意味が込められています

「研修プログラム」・「早期選抜プログラム」・「選抜プログラム」の3つの組み合わせにより
参加者のステージに応じ、起業や事業成長に必要な知識と支援を得ることができます。

創薬系ベンチャーの起業や成長のためのセミナー・勉強会
各種専門家による
助言・メンタリング
経営チーム、人材採用支援
事業会社や投資家・支援機関等とのマッチング支援
シェアラボ・シェアオフィスの
利用、研究支援
外部委託にかかる研究費用の
部分的な支援
海外バイオエコシステムの視察・
ピッチ登壇の機会
ピッチ練習・ビジネスプラン発表会
事業会社や投資家・支援機関等とのマッチング支援

プログラムの参加対象

創薬系ベンチャーの起業を目指している方
創薬系ベンチャーの起業を目指している方
東京都内で創薬系ベンチャーの起業を目指している者(大学や企業等の研究機関に所属する研究者、起業志望者、およびそれらの者を含むチーム等)。ただし、応募時点で応募者の住所や所属機関が東京都内にあるか否かは問いません
創薬系ベンチャー企業
創薬系ベンチャー企業
今後東京都に事業所を構える意向のある、または、都内に事業所を有する創薬系の事業を行う中小企業者
(中小企業者の定義は中小企業法による)
創薬系ベンチャー企業
創薬系ベンチャー企業
今後東京都に事業所を構える意向のある、または、都内に事業所を有する創薬系の事業を行う中小企業者
(中小企業者の定義は中小企業法による)

対象領域

医薬品・創薬
医薬品・創薬
低分子医薬、バイオ医薬(タンパク、ペプチド、抗体)、ワクチン、核酸医薬、創薬基盤技術、
ドラッグデリバリーシステム、医薬原料など

医療
医療
遺伝子治療・免疫療法・
再生医療(細胞、培養液、培地、試薬)など
創薬・受託サービス
創薬・受託サービス
受託合成/製造、受託解析、化合物ライブラリー、スクリーニング、実験動物生産、動物実験受託サービス、CMO (医薬品製造受託機関)、CRO(医薬品開発業務受託機関)、SMO(治験施設支援機関)、創薬研究支援ソフト、ラボ情報システムなど
創薬・受託サービス
創薬・受託サービス
受託合成/製造、受託解析、化合物ライブラリー、スクリーニング、実験動物生産、動物実験受託サービス、CMO (医薬品製造受託機関)、CRO(医薬品開発業務受託機関)、SMO(治験施設支援機関)、創薬研究支援ソフト、ラボ情報システムなど

PROGRAM

3つのプログラムを組み合わせて
必要な支援を受けることができます

早期選抜プログラム、選抜プログラム、研修プログラム
長期間にわたって実践的な支援を受けたい
「研修プログラム」「早期選抜プログラム」「選抜プログラム」の3つ全てに参加すると、最長で8か月間にわたって経営チーム構築、専門家によるメンタリング、事業会社等とのマッチングなどの実践的な支援を通じて、起業・事業成長を飛躍的に加速させることができます。
選抜プログラム、研修プログラム
起業・成長のための支援を受けたい
「研修プログラム」「選抜プログラム」の2つにご参加いただくと、毎月開催の勉強会・セミナーで準備を整えながら、経営チーム構築、専門家によるメンタリング、事業会社等とのマッチングなどの実践的な支援を10月下旬から受けることができます。
研修プログラム
セミナーや勉強会で知識を学びたい
「研修プログラム」に参加することで、毎月開催の勉強会・セミナーなどを通じて創薬系ベンチャーに必要なエッセンスを学ぶことができます。
研修プログラム
セミナーや勉強会で知識を学びたい
「研修プログラム」に参加することで、毎月開催の勉強会・セミナーなどを通じて創薬系ベンチャーに必要なエッセンスを学ぶことができます。

1.研修プログラム
  1.  創薬系ベンチャーの起業や成長のためのセミナー・勉強会
  2. 各種専門家(創薬研究、臨床開発、マーケティング、知的財産、事業開発、海外展開、資金調達、ベンチャーの創業・事業成長等)による相談受付

募集期間
2018年6月13日受付開始
2019年3月まで随時募集(ただし定員数に達した時点で受付を終了)

実施期間
2018年8月下旬〜2019年3月下旬

定員数
約100チーム
2. 早期選抜プログラム
*「早期選抜プログラム」は、Beyond Next Ventures株式会社が運営するアクセラレーションプログラム「BRAVE 2018 SUMMER(http://brave.team/batch_2018summer/)」との合同プログラムです。「早期選抜プログラム」参加チームは、創薬系以外も含む「BRAVE」参加チームと共に参加いただきます。

  1. 各種専門家(創薬研究、臨床開発、マーケティング、知的財産、事業開発、海外展開、資金調達、ベンチャーの創業・事業成長等)による個別のメンタリング等の支援
  2. 経営チーム組成の支援
  3. 事業会社・投資家等とのマッチング支援(ご要望に応じて)
  4. ビジネスプラン発表会に向けた事前ピッチ練習会の参加(非公開)
  5. ビジネスプラン発表会での登壇の機会(非公開)

募集期間

2018年6月13日受付開始
優先審査締切:2018年7月6日
募集締切  :2018年7月20日

実施期間
2018年8月4日〜2018年10月15日

定員数
約10チーム

*「早期選抜プログラム」に参加する場合、原則、「選抜プログラム」に継続して参加することとする(但し、「選抜プログラム」から参加を希望するチームも含めた審査の結果「選抜プログラム」への参加ができない場合もある。)
3. 選抜プログラム
上記の「早期選抜プログラム」の1~4の支援に加えて、追加で下記の支援を受けられます。
  1. シェアラボ・シェアオフィスの利用権(実験機器等含む)の無償提供
  2. 海外バイオエコシステムの視察と現地でのピッチの機会
  3. 事業会社・投資家等との月一回以上のマッチング支援
  4. 10月開催のBio Japan 2018でのマッチングの機会
  5. ビジネスプラン発表会での登壇の機会(公開)

募集期間

2018年6月13日受付開始
優先審査締切:2018年8月31日
募集締切  :2018年9月14日

実施期間
2018年10月下旬〜2019年3月下旬

定員数 約20チーム(早期選抜プログラムから移行するチーム数を含む)

SCHEDULE


Blockbuster Tokyo プログラムスケジュール
1. 研修プログラム

募集期間  :2018年6月13日(水)から随時応募可能
       *ただし定員数に達した時点で受付を終了いたします。
実施期間  :2018年8月下旬から2019年3月下旬まで


2. 早期選抜プログラム

募集期間  :2018年6月13日(水)~2018年7月20日(金)
優先審査締切:2018年7月6日(金)
       *こちらの期日までに応募頂いたチームを優先的に審査いたします。
実施期間  :2018年8月4日(土)から2018年10月15日(月)まで


3. 選抜プログラム

募集期間  :2018年6月13日(水)~2018年9月14日(金)
優先審査締切:2018年8月31日(金)
       *こちらの期日までに応募頂いたチームを優先的に審査いたします。
実施期間  :2018年10月下旬から2019年3月下旬まで

PARTNER

創薬を加速させるパートナー企業・組織と共に支援します


MENTOR

各分野の専門家をメンターとしてお招きします


SPEAKER

各分野の専門家を講師に招いた勉強会・セミナーを開催します
(随時更新します)

能見 貴人 氏
FORESIGHT&LINX株式会社
代表取締役社長
日米のアカデミアで10年間分子生物学の基礎研究に従事した後、Novartis, GSK および Sanofiで20年間にわたって創薬研究およびオープンイノベーションをリード。2017年に自らのコンサルティング会社を設立し、国内外の製薬企業・バイオベンチャーの研究開発ならびに事業開発の支援を行っている。

玄番 岳践 氏
コーヴァンス・ジャパン株式会社
エグゼクティブディレクター
クリニカル&レギュラトリーストラテジー

大阪大学大学院薬学研究科(薬理学)を修了後、塩野義製薬創薬研究所で循環器及び免疫・炎症疾患治療薬の開発に従事した後、アンジェスMGにおいて取締役創薬研究本部長として遺伝子治療薬及び核酸医薬品の開発を主導した。その間、ICH Gene Therapy Working Groupのメンバーとして遺伝子治療薬のガイドラインの作成に関わった。その後、キラルジェン(現WaVe Lifescience)等で研究開発及び事業開発に従事した後、薬事コンサルタントとして国内外のアカデミアやバイオベンチャーの医薬品開発戦略の立案や各国規制当局との交渉の支援を行い現在に至る。

玄番 岳践 氏
コーヴァンス・ジャパン株式会社
エグゼクティブディレクター
クリニカル&レギュラトリーストラテジー

大阪大学大学院薬学研究科(薬理学)を修了後、塩野義製薬創薬研究所で循環器及び免疫・炎症疾患治療薬の開発に従事した後、アンジェスMGにおいて取締役創薬研究本部長として遺伝子治療薬及び核酸医薬品の開発を主導した。その間、ICH Gene Therapy Working Groupのメンバーとして遺伝子治療薬のガイドラインの作成に関わった。その後、キラルジェン(現WaVe Lifescience)等で研究開発及び事業開発に従事した後、薬事コンサルタントとして国内外のアカデミアやバイオベンチャーの医薬品開発戦略の立案や各国規制当局との交渉の支援を行い現在に至る。


PROGRAM CONTENTS

1. 研修プログラムで実施予定の企画

期間:
2018年8月下旬~2019年3月下旬

プログラム内容:
  1. 創薬系ベンチャーの起業や成長のためのセミナー・勉強会(毎月開催予定)*詳細は下表に記載
  2. 各種専門家(創薬研究、臨床開発、マーケティング、知的財産、事業開発、海外展開、資金調達、ベンチャーの創業・事業成長等)による相談受付(参加チームの要望に応じて随時実施)

会場:
主に日本橋ライフサイエンスビルディングまたはライフサイエンスハブを予定

日程:
原則、平日の夕刻2~3時間程度を予定(順次日程が決まり次第更新予定)
2018年
8月27日(月)
第1回セミナー
創薬系ベンチャーの概要
9月1・2日
(土・日)
第2回セミナー
幅広くベンチャービジネスについて学ぶ合同研修会
  • ベンチャー概論
  • 先輩起業家による講演
  • 米国のバイオエコシステムについて
  • 知財がビジネスに与えるインパクト
  • 資金調達について
10月中旬
第3回セミナー
創薬系ベンチャーのチームアップ

(探索研究~非臨床~臨床とステージが移るにつれて)
11月21日(水) 第4回セミナー
創薬系ベンチャーの研究開発①(非臨床開発まで)
知的財産戦略
12月12日(水) 第5回セミナー
創薬系ベンチャーにとってのピッチ資料とは
*講師:
能見 貴人 氏(FORESIGHT&LINX株式会社 代表取締役社長)

グローバル環境(主にボストンバイオエコシステム)について
2019年
1月28日(月)
第6回セミナー
創薬系ベンチャーの資金調達
2月20日(水) 第7回セミナー
創薬系ベンチャーの研究開発②(臨床試験を中心に)
*講師:玄番 岳践 氏(コーヴァンス・ジャパン株式会社、エグゼクティブディレクター クリニカル&レギュラトリーストラテジー)
3月中旬
第8回セミナー
創薬系ベンチャーの事業提携
10月中旬
第3回セミナー
創薬系ベンチャーのチームアップ

(探索研究~非臨床~臨床とステージが移るにつれて)

2. 早期選抜プログラムで実施予定の企画

*「早期選抜プログラム」は、Beyond Next Ventures株式会社が運営するアクセラレーションプログラム「BRAVE 2018 SUMMER(http://brave.team/batch_2018summer/)」との合同プログラムです。「早期選抜プログラム」参加チームは、創薬系以外も含む「BRAVE」参加チームと共に参加いただきます。

期間:
2018年8月4日(土)~2018年10月15日(月)  

プログラム内容
  1. 各種専門家(創薬研究、臨床開発、マーケティング、知的財産、事業開発、海外展開、資金調達、ベンチャーの創業・事業成長等)による個別のメンタリング等の支援
  2. 経営チーム組成の支援(キックオフの時点で実施) 
  3. 事業会社や投資家・支援機関等とのマッチング支援(参加チームの要望に応じて随時実施)
  4. ビジネスプラン発表会の事前ピッチ練習会(非公開)
  5. ビジネスプラン発表会の実施(非公開)
   
会場:
主に日本橋ライフサイエンスビルディングまたはライフサイエンスハブの予定
2018年8月4日(土) 第1回イベント 
キックオフ

  • 事業説明
  • 採択チームによるアイデア発表
  • 人材マッチング(経営者候補とエントリーチームのマッチング)
9月1・2日(土・日) 第2回イベント 
合同研修

【講義】
  • ベンチャー概論
  • 先輩起業家による講演
  • 米国のバイオエコシステムについて
  • 知財がビジネスに与えるインパクト
  • 資金調達について

【実習】
  • ピッチ練習
  • 中間審査会
10月15日(月)
第3回イベント
ピッチ大会(非公開)

  • ピッチ大会
  • 審査員による評価・表彰
10月15日(月)
第3回イベント
ピッチ大会(非公開)

  • ピッチ大会
  • 審査員による評価・表彰

3. 選抜プログラムで実施予定の企画

期間:
2018年10月下旬~2019年3月下旬

プログラム内容:
上記の「早期選抜プログラム」の1~4の支援に加えて、追加で下記の支援を受けられます。
  1. シェアラボ・シェアオフィスの利用権(実験機器等含む)の無償提供
  2. 研究の外部委託にかかる費用の部分的な支援(委託研究内容に応じて要相談)
  3. 海外バイオエコシステムの視察と現地でのピッチの機会
  4. 事業会社や投資家・支援機関等との月一回以上のマッチング支援
  5. 10月開催のBio Japan 2018でのマッチングを支援
  6. ビジネスプラン発表会の実施(公開)

会場:
主に日本橋ライフサイエンスビルディングまたはライフサイエンスハブの予定。1月に渡米イベントを予定。


2018年10月下旬 第1回
キックオフ

  • ビジネスプラン発表
  • 経営者候補とチームのマッチング
11月中旬 第2回
創薬の基本

  • 創薬のゴール設定から開発計画やプロジェクトマネジメントについて
12月中旬 第3回
英語ピッチ練習

  • 1月の渡米イベントのための英語ピッチ練習
2019年1月上旬 第4回
渡米イベント

  • 米国バイオエコシステム視察
  • 現地投資家・事業会社へのピッチ
2月下旬 第5回
ピッチ練習

  • 3月のビジネスプラン発表会に向けたピッチ練習
3月下旬 第6回
ビジネスプラン発表会

  • ピッチ大会
  • 審査員による評価・表彰
12月中旬 第3回
英語ピッチ練習

  • 1月の渡米イベントのための英語ピッチ練習

ACCELERATOR

プログラム実施に携わるアクセラレーターをご紹介します

伊藤 毅
代表取締役社長
ベンチャーの創業・事業成長支援。
工学修士。大学発技術シーズの事業化支援・投資活動に関して多数の実績と経験
植波 剣吾
取締役
ベンチャーの創業・事業成長支援。
VCの業務全般における幅広い経験
盛島 真由
投資マネージャー
バイオ技術の創薬事業化支援。
生命科学博士。外資系コンサルティングファームにおける製薬企業向け新規製品上市・マーケティング戦略立案支援経験等
盛實 信太朗
投資担当
創薬プロセス全般、事業開発支援。
薬剤師、薬学修士、MBA。製薬企業におけるライセンス、事業開発経験等
金丸 将宏
投資マネージャー
ICT・データ解析等の技術を利用した創薬プロセス支援。
工学修士、MBA。大手電機メーカーにおける製品開発・研究開発経験等
鷺山 昌多
ヘッドハンター
経営者等採用・経営チーム構築支援。
国家資格 キャリアコンサルタント
五十嵐 晶
プログラム運営担当
インキュベーション施設運営、公的資金獲得支援。
ラボ運営、公的資金配分機関勤務経験

募集要項

募集概要
  • 東京都から委託を受けたBeyond Next Ventures株式会社が、創薬系ベンチャーや起業を目指す研究者等を対象に、起業や、ベンチャービジネスの概要、資金調達などベンチャーの事業運営に関する知識や、研究開発、事業提携等に必要な知識を身に付けてもらうための研修プログラムを実施するほか、より具体的な事業計画等を有する対象者には、創薬、知財、マーケティングなど、分野ごとに精通したメンターによる専門的な支援や必要な人材のマッチング等の支援を実施する。

  • また、事業会社や投資家等とのマッチングを行うためのイベントを定期的に実施するほか、随時のマッチング支援を行うなど、事業会社との事業提携や資金調達に向けた支援を行う。

  • 更に、平成31年3月(予定)には、投資機関、事業会社、研究機関などの出席の下、ビジネスプラン発表会を行い、より広く事業計画等をアピールする機会を設ける。

対象者 本事業の支援対象者は以下の要件(1)から(9)をすべて満たす者とする。なお「創薬系」とは下記3分野を指す。
  • 「医薬品/創薬」:低分子医薬、バイオ医薬(タンパク、ペプチド、抗体)、ワクチン、核酸医薬、創薬基盤技術、ドラッグデリバリーシステム、医薬原料等

  • 「医療」:遺伝子治療、再生医療(細胞、培養液、培地、試薬など)、免疫療法等

  • 「創薬支援/受託サービス」:受託合成/製造、受託解析、化合物ライブラリー、スクリーニング、実験動物生産、動物実験受託サービス、CMO (医薬品製造受託機関)、CRO(医薬品開発業務受託機関)、SMO(治験施設支援機関)、創薬研究支援ソフト、ラボ情報システム等

※ITを活用したソリューションについては、医療機器は含みませんが、上記の分野に該当するものであれば対象とします。

(1)以下のいずれかに該当すること。

  • 東京都内で創薬系ベンチャーの起業を目指している者(大学や企業等の研究機関に所属する研究者、起業志望者、およびそれらの者を含むチーム等。ただし、応募時点で応募者の住所や所属機関が東京都内にあるか否かは問わない。)
  • 今後東京都に事業所を構える意向のある、または、都内に事業所を有する、創薬系の事業を行う中小企業者(中小企業者の定義は中小企業法による。リンク先のとおり。)

    ※ http://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq/faq01_teigi.htm#q1

(2)「10 参加規約」を遵守すること

(3)法令等に違反する事実がないこと

(4)税金の滞納をしていないこと

(5)公的機関等との契約における違反がないこと

(6)公共の安全及び福祉を脅かすおそれのある法人でないこと

(7)政治活動、宗教活動、選挙活動を事業目的とする法人でないこと

(8)暴力団(東京都暴力団排除条例(平成23年東京都条例第54号。以下「暴排条例」という。)第2条第2号に規定する暴力団をいう。)に該当せず、又は法人その他の団体の代表者、役員又は使用人その他の従業者若しくは構成員に暴力団員等(暴力団並びに暴排条例第2条第3号に規定する暴力団員及び同条第4号に規定する暴力団関係者をいう。)に該当する者がないこと

(9)東京都が本プログラムを提供するにふさわしくないと判断する業務等を有さないこと

本プログラムの内容

  • 本プログラムは、創薬系ベンチャーの起業及び事業推進に必要な知識を学ぶセミナーや勉強会を中心とした「研修プログラム」と、選抜された参加者に対してより実践的な支援を行う「早期選抜プログラム」及び「選抜プログラム」から構成される。
  • 本プログラム参加のためには「研修プログラム」への参加が必須となる。つまり、「早期選抜プログラム」及び「選抜プログラム」に参加を希望する場合、「研修プログラム」と併せて参加することとする。
  • なお、「早期選抜プログラム」に参加する場合、原則、「選抜プログラム」に継続して参加することとする(但し、「選抜プログラム」から参加を希望するチームも含めた審査の結果「選抜プログラム」への参加ができない場合もある。)


1. 研修プログラム
A) 創薬系ベンチャーの起業や成長のためのセミナー・勉強会
B) 各種専門家(創薬研究、臨床開発、マーケティング、知的財産、事業開発、海外展開、資金調達、ベンチャーの創業・事業成長等)による相談受付

2. 早期選抜プログラム
A) 各種専門家(創薬研究、臨床開発、マーケティング、知的財産、事業開発、海外展開、資金調達、ベンチャーの創業・事業成長等)による個別のメンタリング等の支援
B) 経営チーム組成の支援
C) 事業会社や投資家・支援機関等とのマッチング支援
D) ビジネスプラン発表会の事前ピッチ練習会(非公開)
E) ビジネスプラン発表会の実施(非公開)

3. 選抜プログラム
上記の「(2)早期選抜プログラム」のA)~D)の支援に加えて、追加で下記支援を受けられる。
A) シェアラボ・シェアオフィスの利用権(実験機器等含む)の無償提供
B) 事業会社や投資家・支援機関等とのより幅広いマッチング支援
C) ビジネスプラン発表会の実施(公開)

募集・実施期間

1. 研修プログラム
募集期間  :平成30年6月13日(水曜日)から随時応募可能(ただし定員数に達した時点で受付を終了する。)
実施期間  :平成30年8月から平成31年3月まで

2. 早期選抜プログラム
募集期間  :平成30年6月13日(水曜日)~平成30年7月20日(金曜日)
優先審査締切:平成30年7月6日(金曜日) *こちらの期日までに応募頂いたチームを優先的に審査いたします。
実施期間  :平成30年8月4日(土曜日)から平成30年10月15日(月曜日)まで

3. 選抜プログラム
募集期間  :平成30年6月13日(水曜日)~平成30年9月14日(金曜日)
優先審査締切:平成30年8月31日(金曜日) *こちらの期日までに応募頂いたチームを優先的に審査いたします。
実施期間  :平成30年10月下旬から平成31年3月まで

本プログラムの実施エリア

本プログラムは主に東京都内(中央区日本橋エリア等)で実施する。

各プログラム定員数

(定員数に達した時点で受付を終了する)

1. 研修プログラム
 研修プログラムに参加する創薬系ベンチャー等(創薬系ベンチャー、大学や企業等の研究機関に所属する研究者、起業志望者、およびそれらの者を含むチーム等。以下同じ。)は100チーム程度とする。

2. 早期選抜プログラム
本プログラムに参加する創薬系ベンチャー等は10チーム程度とする。 

3. 選抜プログラム
本プログラムに参加する創薬系ベンチャー等は、早期選抜プログラムからの移行する創薬系ベンチャー等を含めて20チーム程度とする。

本プログラムに係る参加費用

本プログラムへの参加は無料とする。宿泊費、交通費及び食費、またシェアラボでの研究機器利用に係る消耗品費等は自己負担とする。

応募方法

  • 研修プログラムのみに応募する場合、研修プログラムに加えて早期選抜プログラムおよび選抜プログラムへ応募する場合、研修プログラムに加えて選抜プログラムへ応募する場合、いずれの場合も一括して、ホームページ(http://www.blockbuster.tokyo)のエントリーフォーム(簡易版)に、必要事項を入力の上、事務局に送信するものとする(説明会イベントなどの情報は順次ホームページに掲載予定)。
  • 研修プログラムに加えて早期選抜プログラムおよび選抜プログラムへ応募する場合及び研修プログラムに加えて選抜プログラムに応募する場合には、ホームページのエントリーフォーム(簡易版)からの応募後、別途電子ファイルで送付されるエントリーフォーム(詳細版)にアイデア・事業計画等を記載し、事務局に送信して応募完了となる。
  • 早期選抜プログラムに選抜されなかった場合で、選抜プログラムに応募する場合は、再度エントリーは不要である。しかし、希望する参加者はエントリー内容を修正して再提出をすることができる。

応募者の選定方法

1. 研修プログラム
上記エントリーフォームから応募のあった者で、本募集要項の「対象者」の条件に該当する方は原則として参加可能とする。

2. 早期選抜プログラムおよび選抜プログラム
書類審査及びヒアリング審査を実施する。選定基準は下記の通り。

  • 事業化に対する熱意を有すること 
  • 意欲的なチームであること 
  • 大きな事業機会が期待されること 
  • 社会課題を解決する技術であること
  • 実現性の高いビジネスプランであること

参加規約

(1)研修プログラムへの参加
すべてのプログラム参加者は、原則として、研修プログラムへ参加すること。特別な事情により参加できない参加者は事前に事務局に連絡すること。

(2)メンタリングへの参加、ビジネスプランの改善
早期選抜プログラム及び選抜プログラム参加者は、本プログラム期間中に行われるメンターとのミーティングに参加すること。また、メンターなどのアドバイスに即し、ビジネスプランの修正等を検討すること。

(3)事業会社や投資家・支援機関等とのマッチングイベントへの参加
選抜プログラム参加者は、原則として、期間中に行われるネットワーキングイベントに参加すること。

(4)ビジネスプラン発表会への参加(公開発表会、非公開発表会)
選抜プログラム参加者は、プログラム期間中に行われる公開発表会に参加すること。早期選抜プログラム参加者の場合は、プログラム期間中に行われる非公開発表会に参加すること。

(5)その他

  • 上記(1)~(4)に基づき各参加者が参加すべきプログラムについては、原則、少なくとも代表者が当該プログラムに参加すること
  • 宿泊費、交通費、及び食費、またシェアラボでの研究機器利用に係る消耗品等に係る一切の費用は自己負担すること
  • 早期選抜プログラム及び選抜プログラム参加者は、東京都の事業実施に伴い必要な企業名及び企業概要等(またはプロジェクト概要)の情報公開を承諾すること
  • プログラム終了後も東京都の創薬系ベンチャー支援事業において可能な限り協力すること
  • 早期選抜プログラムおよび選抜プログラム参加者については、プログラムへの参加に際して知った、他参加チームの秘密情報を外部に漏らさないこと。また、早期選抜プログラム及び選抜プログラム参加者は、プログラムの参加にあたり、秘密保持義務等を定めた誓約書を事務局に提出すること

本プログラムに関する問い合わせ先

Blockbuster TOKYO 事務局

住所:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-4-3ムロホンビル1(Beyond Next Ventures株式会社内)
URL: http://www.blockbuster.tokyo
E-mail:info@blockbuster.tokyo

本プログラムの内容

  • 本プログラムは、創薬系ベンチャーの起業及び事業推進に必要な知識を学ぶセミナーや勉強会を中心とした「研修プログラム」と、選抜された参加者に対してより実践的な支援を行う「早期選抜プログラム」及び「選抜プログラム」から構成される。
  • 本プログラム参加のためには「研修プログラム」への参加が必須となる。つまり、「早期選抜プログラム」及び「選抜プログラム」に参加を希望する場合、「研修プログラム」と併せて参加することとする。
  • なお、「早期選抜プログラム」に参加する場合、原則、「選抜プログラム」に継続して参加することとする(但し、「選抜プログラム」から参加を希望するチームも含めた審査の結果「選抜プログラム」への参加ができない場合もある。)


1. 研修プログラム
A) 創薬系ベンチャーの起業や成長のためのセミナー・勉強会
B) 各種専門家(創薬研究、臨床開発、マーケティング、知的財産、事業開発、海外展開、資金調達、ベンチャーの創業・事業成長等)による相談受付

2. 早期選抜プログラム
A) 各種専門家(創薬研究、臨床開発、マーケティング、知的財産、事業開発、海外展開、資金調達、ベンチャーの創業・事業成長等)による個別のメンタリング等の支援
B) 経営チーム組成の支援
C) 事業会社や投資家・支援機関等とのマッチング支援
D) ビジネスプラン発表会の事前ピッチ練習会(非公開)
E) ビジネスプラン発表会の実施(非公開)

3. 選抜プログラム
上記の「(2)早期選抜プログラム」のA)~D)の支援に加えて、追加で下記支援を受けられる。
A) シェアラボ・シェアオフィスの利用権(実験機器等含む)の無償提供
B) 事業会社や投資家・支援機関等とのより幅広いマッチング支援
C) ビジネスプラン発表会の実施(公開)

ご登録情報の取り扱いについて(プライバシーポリシー)

・個人情報の収集 
Beyond Next Ventures株式会社と東京都が「Blockbuster TOKYO」の事業遂行に関わる任意に提供される情報を必要な範囲で収集します。個人情報を収集する際は、その目的を明示するとともに、提供者の意思に基づくことを原則とします。

・個人情報の利用目的
Beyond Next Ventures株式会社と東京都は、提供いただいた個人情報を適切に管理し、当プログラム及び東京都の事業実施以外の目的には利用いたしません。また、提供いただいた個人情報は、特段の事情がある場合を除き、本人の同意なく第三者へ開示提供することはありません。

・個人情報の管理
事務局は、収集した個人情報が外部へ漏洩したり、破壊や改ざんを受けたり、紛失することのないよう適切な管理します。

・個人情報の開示および訂正等
事務局は、個人情報の提供者から自己に関する個人情報の開示の請求があったときは、原則として遅滞なく開示します。また、自己に関する個人情報の訂正等の申し出があったときは、原則として遅滞なく訂正等を行います。

・本ポリシーの変更等
事務局は、個人情報保護の強化、サービス利便性の向上、法律の変更等に伴い本ポリシーの全部または一部を改定することがあります。本ポリシーを改定した場合には、当サイト上などで掲載・告知を行いますので、定期的にご確認いただきますようお願いします。

ENTRY

【研修プログラム・早期選抜プログラム・選抜プログラムにご応募の皆様へ】
下記のフォームに必要事項を入力し、送信ボタンをおしてください。


【研修プログラムに加えて、早期選抜プログラム・選抜プログラムにご応募の皆様へ】
*研修プログラムのみ応募される方は不要です*
下記フォームからのお申込みに加えて、エントリーフォームをこちらからダウンロードをして
ご記入いただき、Blockbuster TOKYO事務局(info@blockbuster.tokyo)までご送付ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
運営会社
Beyond Next Ventures 株式会社
http://beyondnextventures.com/

「Blockbuster TOKYO(ブロックバスタートーキョー)」は
東京都からの委託を受け、Beyond Next Ventures株式会社が運営しています。